学術論文を翻訳する料金の相場は?

ネット社会である現代において、無料で翻訳できるサイトやアプリが数多く出ています。
それと同時に、有料で翻訳を請け負う会社が増え続けています
それは、なぜでしょうか?

日本語を英文に置き換えるという単純な翻訳だけではなく、専門家によるレベルの高い品質の翻訳が求められているからです。

無料の翻訳サイトやアプリは、何が言いたいのかをなんとなく理解するには十分の性能を備えているものも多いです。
しかし、学術論文契約書など読み手や受取手が英語のネイティブである場合、それはそのまま提出できるレベルの英語翻訳でしょうか?
受け取り手にとって、手元の文書が他の言語から翻訳されたものであるかは、関係ありません。
それが英語として正確かつ自然であるかしか求めていません。
翻訳チェックがしっかり行われ、信頼ある成果を受け取るには、やはりプロに任せなければならないと思います。

プロの翻訳者が在籍し、高品質な翻訳校正のサービスを提供しているのが、翻訳会社です。

そこで、有料で翻訳をしてもらうとは、その料金相場はどのくらいなのでしょうか?
実際のところ、その料金体系は、翻訳会社によって、かなり異なります。
例えば、日本語から英語への翻訳の場合、
原稿の日本語文字数をベースに料金や納期を算出する会社、
仕上がりの英語の単語数をベースに料金や納期を算出する会社、
ネイティブチェックが別料金である会社など・・・
さらにミニマムチャージが設定されている場合も多くあります。

相場は、存在しないといっていいほど、料金設定はさまざまだと思います。
そうなると比較が難しいですよね。

そこで、料金を比較する際には、メールか電話で複数の会社へ問い合わせることになりますが、
その際、一番具体的な納期や料金を知る方法は、翻訳する文書を相手先に提供することです。
それが難しい場合は、ある程度の文字数(1500文字など)を設定し、分野や専門性などの依頼の概要を伝えて概算をだしてもらいます。

その翻訳会社のサービスは気に入ったが料金や納期が合わない・・・・という場合には、
あきらめずに相談をしてみることもお勧めです。
ここで料金や納期が調整できれば、もう決まりですよね!

翻訳会社選びは大切です。
長く付き合える翻訳会社と出会えれば、大きな味方を得たも同然です!
だからこそ、慎重に行いたいですね!

論文翻訳専門翻訳会社ACNは、医学分野などの学術的なご依頼を多く受けておりますが、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。
ご心配なことやご要望がありましたらお気軽に何でもご相談ください!

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.