英語翻訳の依頼方法とは?

翻訳業者というと、会社や学校など法人で利用するものと思われがちですが、 実は個人依頼も大変多いのです。
では、どのように依頼を進めたらよいでしょうか・・・?
特に初めて利用される方は、わからないですよね。そこで簡単に少しご紹介します。
でも、これはほんの一例です。業者によって異なるので、お気をつけください。

まずは、見積もり依頼です。
紹介やネット検索などで複数の翻訳業者を選び、見積もりを依頼してみましょう。方法は様々ですが、ウェブサイトから専用フォームで依頼をしたり、直接メールで問い合わせをしたりします。
翻訳する原稿(日本語から英語へ翻訳の場合は、日本語原稿)を一緒に提出できれば、具体的な見積もりの回答が得られると思います。

各業者の見積もりが揃ったら、次は比較検討です。
スタッフの対応はどうか、料金は予算内か、該当の研究分野(技術分野、医学分野など)の専門の翻訳者はいるかネイティブチェックは含まれているか、など・・・ご自身の目的や希望に合った翻訳業者を選びます。

依頼したい翻訳業者が決まったら、申し込みをします。
ついに、ここで翻訳作業がスタートします!

あとは英訳が予定の納期に仕上がってくるのを待つだけです。
もし参考となりそうな論文や資料などがあれば一緒にご提供されておくと作業上大変役立つと思います

翻訳が仕上がると、メールなどで英文に翻訳された原稿が納品されます。
その後、質問などがあれば、随時問い合わせることも可能だと思います。
ここからは、アフターフォローとなり、翻訳業者により対応はさまざまです。
質問などを無料で対応してくれる業者もあれば、有料のところもあるので、事前に確認されることをお勧めします。

翻訳業者は、その品質やレベル、専門分野に強いかなど、それぞれ特色があり、またウェブサイトからだけではわからないサービスや情報もあったりします。
特に初めて利用される方は、遠慮なく電話やメールで、がんがん問い合わせてください。
その対応だって検討材料になりますからね。遠慮は無用です。
わからないまま、ここでいいか、とテキトーに決めてしまうと、後々、翻訳がダメで再翻訳しなければならないとか、余計なコストや時間がかかってしまうこともあります。

論文翻訳専門の翻訳会社ACNは、医学分野などの学術的なご依頼を多く受けておりますが、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。
ご心配なことやご要望がありましたらお気軽に何でもご相談ください!

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.