英語論文の校正サービス

日本語で書かれた論文を海外のジャーナルに投稿する必要性がでてきた場合に、果たして何をどうすれば良いのだろうかと戸惑われたご経験があるかと存じます。
まず日本語原稿を、英語に翻訳する必要があります。
ただし、とりあえずとばかりに、ただ単に英語に翻訳すればよいかというと、そうでもありません。

まずご自分のご専門分野、例えば医学であれば、どの医学ジャーナルをターゲットにするか、決めなくてはなりません。
また、投稿先のジャーナルには、必ず投稿に関する規定がございます。

例えば、英文で2,000ワードという規定があるのに、5,000ワードの論文を投稿したのでは、
ほぼ100%リジェクトされてしまいます
その投稿先の分野、規程をよく吟味して適切な投稿先に適切に投稿することが大切です。
投稿先の情報を、翻訳を依頼される際に検討されることを是非お勧めします。

またすでに英文になっている、あるいは最初から英文で執筆された論文の場合は、英文の品質をさらにブラッシュアップするサービスがあります。
それが英文校正サービスです。
場合によっては、英文校閲、プルーフリーディングと言ったり、英文添削、単にチェックと言ったりもします。
私どもでは創業以来19年に渡り、この英文校正サービスをお客様にご提供してまいりました。

料金は英文のワード数で決定します。
原稿に途中で変更のない限り、校正料金は不変の明朗会計です
お支払は銀行振込かクレジットカード決済です。
また科学研究費(科研費)などの公費でのご決済も承っておりますのでご安心ください。
校正結果は、英文上に修正箇所が一目瞭然とわかるような形式で納品いたします。
また、元の和文があれば和文と英文を照らし合わせながらの校正も可能です。

サポート体制は万全。納期厳守。
校正者はすべて英語を母国語とするネイティブスピーカーです。
お好みでプレミアム校正ですと、納品時に詳細な校正結果レポートも添付します。
学術論文から、プレゼンテーション資料、スピーチ原稿に至るまで、それぞれの分野のエキスパートが校正いたします。
是非一度わたくしどもの英文校正サービスをご利用ください。

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.