アブストラクトの英文添削を依頼するには?

学会誌への投稿や学会での研究発表の際、海外の雑誌や学会であれば、
すべて英語で投稿や提出することが求められますが、国内の雑誌などでも、
アブストラクトだけは英語で提出という場合も多くあります。

英語での実務経験や論文作成経験が豊富な人は、ご自身で英語で作成することができると思います。
最近ではそのような方がかなり増えています。

しかし、日常業務でお忙しく、作成の時間が無かったり、英語には自信が無いという場合は、日本語から英語への翻訳からプロに依頼してしまうほう楽ですね。

英文をご自身で作成しても、ネイティブチェックは専門の業者に依頼し、証明書を提出しなければなりません。
ネイティブによる論文の英文添削を受けることが各ジャーナルに投稿する上での条件になっています

翻訳から業者に依頼する場合も同様です。
最終的にネイティブチェックを受けた証明書が必要なので、
ネイティブチェックも含めた料金で見積りを作成してもらうようにしましょう。
また、翻訳者も校正者も、学術分野、特に該当の研究分野(医学、工学など)の専門であることが必須です
投稿には品質が求められます。
投稿支援や投稿サポートなどのサービス体制がしっかりと整っている業者に依頼することがお勧めです。

また、投稿先のAuthor’sguidelineなどを見ると、単語数(ワード数)が制限されている場合も多く見かけます。
翻訳や英文校正を依頼する際に、かならずワード制限のことも伝えたうえで作業をしてもらいましょう。
投稿が受理されるための条件なのですから、厳守されなければなりません。

アブストラクトだけでも、規程や条件はあります。
論文の執筆を始める前にまずは、投稿規程の内容などをしっかりと確認されることをお勧めいたします。

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.