医学分野の英文翻訳とは?

先日も日本の山形大学が新たなナスカの地上絵を発見したというニュースが話題になりました。
日本の大学や研究者たちが海外に進出する機会も増え、研究成果などを海外に向けて発表する機会も増えています。

それに伴って課題の1つとなるのが言語です。
研究を発表するには、論文を投稿したり、学会でスピーチをしたりというケースが考えられますが、いずれの場合も、論文を英語で用意し、原稿を英語で用意することが求められます。
しかも精度の高い英語です
また論文を作成する際の医療文献を日本語へ翻訳するという機会もあるでしょう。

例えば、医学分野などはどんどん情報が更新され、進歩しています。
英語に翻訳する場合も、そういった最新情報を考慮して翻訳しなければなりません
学術分野を専門に扱っている翻訳サービス会社であれば、技術や知識だけではなく、
そういった情報調査能力にもすぐれた翻訳者が揃っていることでしょう。

英語ができれば、学術分野でも翻訳できるかといったら違います
日本語でもそうだと思いますが、書かれている内容を正しく理解するには、知識や経験が必要です。
ましてやそれを他言語へ翻訳する場合は、必須となるでしょう。

大切な研究成果を託す翻訳会社を見つけるには、専門的な内容にどの程度対応しているのか
また、品質についても無料トライアル等を上手く利用して確認することをお勧めします。

今はネットから簡単に問い合わせができますので、
忙しい日常業務の合間でも早めに問い合わせ等しておくと良いと思います。

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.