医学論文のネイティブチェックを受けたい

日進月歩の研究技術の発展によって、医療機器や技術についても高度かつ精密さが求められます。新薬の開発も国際的規模で進められています。
それに伴い、医学翻訳の需要も増え続け、求められる品質も高まる一方です。

特に医学論文の英訳や英文校正のサービスを提供している翻訳代行の会社もかなり増えました。
学術分野の中でも、特に専門性が高い医学分野の翻訳や校正には、翻訳会社自体の経験や実績が問われます。
ただ医学知識がある専門の翻訳者であるだけでは、不十分で、
進歩し続ける医学の情報を必ず調査し、最新の情報をもって翻訳や校正の作業を行わなければならないのです。

研究成果を発表する場の1つである雑誌投稿
論文を作成して受理されるまでにはかなりのステップがあります。
審査も厳しいです。少しでも甘い部分があれば査読者から指摘を受け、拒否されてしまいます。英文としても、完璧に仕上げなければなりません。

そこで必須となるのがネイティブチェック(英文校正)です。
ネイティブであれば誰でも良いというものではなく、医学の知識や経験があり、
且つ論文形式に精通しているものでなければなりません。

そのくらい質を上げないと、査読者の壁を通過できないのです。

さらに、投稿先ジャーナルの規程まで確認し、それに沿って作成する必要があります。

忙しい中で、時間を費やして行った研究の成果を発表する論文であれば、なおさら、仕上がりの翻訳や校正の品質を重視されることでしょう。

最速で高品質な翻訳(校正)業者はあります。
それを見極めるには、サンプルとして無料で一部校正してくれるサービスがありますので、そちらをぜひ利用してください。
実際の品質はいくらサイトを見てもわからないのです。体験するしかありません。
原稿の分量は業者によってさまざまですが、同じ文章を校正してももらえばレベルも比較できます。

医学専門の翻訳会社も増えていますが、品質や対応などを、一番初めはしっかりと見極め、
大切な論文を託すことのできるパートナーをしっかり見つけてください。

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.