物理学の論文要旨作成を依頼する

■増え続ける多言語化


世界中には様々な言語が存在します。その中で英語は共通語として、広く使われています。
しかし、全ての人が話したり、書いたり、読んだりできるわけではありません。
そのため、何かその国へ向けての広告であったり、ホームページであったり、
マニュアルであったりを作成する場合には、その国の言語で作成されることになります。
これが多言語化(もしくはローカライズ)となります。多い場合は、
10か国語以上に翻訳される場合もあります。最近ではアプリもその対象の1つです。


■専門的内容も多言語に


世界的に見れば日本語もそうかもしれませんが、レアな言語は、扱っている翻訳会社は少ないかも知れません。
中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語など主要な言語は、ほとんどの翻訳会社が対応していると思います。
ただ、ここで、比較対象となるのが、その専門性です。翻訳できる=どの程度の内容まで可能なのか、確認が必要です。
ホームページマニュアルであれば、専門度も高くなります。
英語と違って、仕上がった翻訳をチェックできる人材が少ない言語であればなおさら、しっかり安心できる業者を選ぶ必要があります。


■論文要旨も多言語?


また論文も同様です。海外の雑誌や学会へ投稿する場合、英語が主な言語ではありますが、
それ以外の言語で提出を求められることもあります。その1つが物理学です。
物理学分野では、英語で論文を作成するほかに、フランス語抄録(アブストラクト)を作成することが求められることがあります。
物理学は学術分野の中でも、特に専門性が高いものが多く、英語でも対応ができない業者もあります。
フランス語となればなおさら見つけることが難しいかもしれません。
さらに学会や雑誌に投稿する論文であれば、英語論文がしっかりしているのに、
フランス語が審査を通らなかったとなるとすべてが台無しになります。


■無料トライアルを活用しましょう


トライアルのサービスを利用したりして、安心して任せることができる、経験や実績のある翻訳業者を早めに見つけましょう!
専門度が高い学術分野を得意とする翻訳会社はあります!

>>翻訳ACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.