音声データの反訳承ります

テープ起こしは、
反訳、文字起こし、書き起こし、トランスクリプション等、 いろんな呼び方があります。
お客さまの多くは、テープ起こしの業者を検索するときは「テープ起こし」や 「反訳」でされるようです。

ACNをご利用されるお客さまにお伺いしても、
テープ起こし、反訳というワードにプラスして
東京」や「港区」等のエリアを絞ったワードで弊社を検索されたという方は多いです。
今はネット社会なので、何か調べものをするときは、まずヤフーやグーグルを利用される方は 少なくないと思います。

ACNのテープ起こし、反訳をお選びいただいた個人のお客さまでご依頼の多い案件は、
裁判の証拠資料としてのご依頼です。
遺産相続、近隣トラブル、医療過誤、交通事故等、ご依頼内容もさまざまです。
たとえば、証拠となる会話の録音も裁判所に提出する場合、文字起こしをするように 求められる場合が多いようです。

会話の録音というのは、簡単そうで案外難しいものです。
理由として、録音の環境が良くない状況が考えられます。
飲食店、例えばカフェで会ってお話しをされた場合、周囲の音も録音されてしまい、
本来の会話がそれに消されることもあります。
隣の席の方の会話や、そこで流れている音楽、いすの音、従業員の方の声等、
いろいろなマイナス要素があります。

電話の場合は、周囲が静かなケースが多いですが、
電話の相手方のお声が小さくて遠い場合も少なくありません。
これは、録音時にマイクレベルを調整されたり、相手方の声が大きく録音できるようにしていただくことで だいぶ改善されます。

お送りいただいたデータで録音状態のあまり良くないもの、聞こえ辛いものは、イコライザー等音で 補正いたしますが、それにも限界はあります。
録音レベルが極端に小さかったり、周囲の音があまりにも大きく録音されているものは 作業をお断りする場合もございます。

精度の高い原稿をお作りするためには、録音コンディションが非常に重要になります
極論しますと、テープ起こし、反訳原稿の出来は、ほとんどが録音状態によって決まるとも言えます。
聞き取りが出来なかった部分が多い原稿は、きっとお客さまもご協力をご満足いただけないと思います。
クオリティの高い原稿作成のため、録音をされるお客さまもご理解、ご協力をお願いいたします。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.