テープ起こし、インタビュー編

テープ起こし、反訳でご依頼が多い分野というのがあります。

裁判や会議のテープ起こし、反訳など特定の分野に特化した
テープ起こし業者もありますが、多くの文字起こし業者は
分野を問わずに仕事をしています。

インタビューの案件は、テープ起こしのご依頼の中でもポピュラーな
分野に入ります。
新聞社や出版社などのマスコミ関係はもちろん、個人のお客さまからの
ご依頼も少なくありません。
納品した原稿は、それをベースに雑誌やサイトに掲載されたり、
冊子や新聞など、いろんな媒体に使われるのです。

1対1のインタビューは、通常、インタビュアーが用意した質問ごとに
インタビューイが答えるというキャッチボール形式ですから、
録音状態が良ければ、困難な作業ではありません。

ですが、これがグループインタビューとなると、少しハードルが上がります。
インタビューイも複数だと、会話の交錯部分が出ます。
そのため、どうしても聞き取りが困難な部分が出てしまうケースが発生してしまうのです。
インタビュアーは複数でも、質問自体は個別にするので、問題はないのですが、
答える側が複数だと、場が暖まるにつれ、ついついご発言が交錯してしまうこともあります。

その部分の作業は、絡まった糸をほぐすように、ご発言の再生速度を落とし、
何度も確認しますが、やはりどうしても聞こえない部分は、聞き取り困難の印を付けて原稿を作ります。
作業をする側の心理としては、極力こういった対応はしたくありませんが、
誰が聞いても聞こえないものは仕方がありません。

インタビューの現場にいらっしゃった方は、ここの部分はこう言ってると
わかる部分でも、第三者が作業をすると聞こえないというケースは多々あります。

そのため、精度の高い原稿をお作りするためには、お客さまに、なるべく
そういった箇所が発生しないような状況をお作りいただき、録音をお願いするしか方法がありません。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.