お得なテープ起こし利用法

テープ起こしや反訳をお得に利用したい。
お金を払う以上は、損はしたくない。誰も思うことです。
会社等でテープ起こし発注する場合、自分の懐は痛みませんが
多く名会社はいろんな面で予算が厳しくなっている昨今、
使い放題というところは少ないと思います。

テープ起こし業者に反訳、テープ起こしを依頼した場合、
料金のカウント項目はいくつかあります。
時間なら1分単位や10分単位、起こし方によっても金額に差があります。
お得に利用しようと思ったら、まず業者のサイトをチェックして
それらをよく比較検討されるのがよろしいかと思います。

録音データは通常、ファイル全体の長さで作業時間がカウントされます。
そのため、データ中に休憩時間や無音部分、雑談など、本来起こしたい部分
以外の音声が含まれている場合、あらかじめ不要部分を編集してから
依頼するのが良いでしょう。

無料の編集ソフトはインターネットを検索すれば、いくらも見つけられます。
操作も簡単なので、そういった便利ソフトを活用ましょう。
業者によっては、不要部分のタイムコードをあらかじめ伝えれば、
そこを抜いて作業時間をカウントしてくれますので、見積もり時に確認して
みることをおすすめします。

不要部分を編集したり、不要箇所をあらかじめピックアップしたら、
用途にマッチした起こし方を選びましょう。

例えば、会議等の録音で議事録を作りたいというときには、ケバ取りで
十分だと思います。素起こし、丸起こしですと、料金も高くなりますし
「えーと」「あのー」など、文字に起こしたときに不要な言葉が入り
読みづらい原稿になってしまう可能性があります。

用途に応じ、それに合った起こし方を選びましょう。
わからない点があれば、事前に担当者に確認しましょう。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.