動画のテープ起こし

テープ起こしのご依頼は、録音された音声のみからの案件がほとんどですが、
動画ファイルからもテープ起こし作業を承ることができます。
例えばご講演等を自身やお仕事で撮影されて、それをDVDにしたものや、ニコニコ動画、
YouTube等の動画投稿サイトにアップしたものなど、いろいろあると思います。

その動画に資料的な要素が含まれているものは、作業をする上で、非常に
参考になる場合があります。専門性の高い医学、薬学、技術系等、映像中で
話者様がスクリーン等に資料を表示しながらお話しをされているというシチュエーションで
撮影された動画です。

もちろん、一般的な内容であっても、その業界関係者じゃないとわからないような用語が
使われている場合も映像情報は有効です。
作業自体は、まず音声データのみで作業を行い、その後、不明な用語や、誰がご発言されて
いるのかを確認するために画像を確認します。
ご講演で、ただお一人の方をずっと映されているという映像なら、音声のみの確認で
問題はありません。

会議やシンポジウムで複数の話者様が確認できる映像も、話者様を特定する意味で
とても有効です。ただ、撮影の仕方も重要で、ドラマみたいに、その都度、
お話しをされている方が映っていれば、大変ありがたいのですが、定点カメラでの
撮影だと、その特定も困難な場合があります。
客席から舞台上に横並びの話者様がいるような場合は、カメラが固定されていても
全体が映っていれば大丈夫です。

データをお送りいただく場合、映像データは音声のみのデータと比べ、サイズが
かなり大きく
なります。数ギガのデータも珍しくありません。
DVDにデータをコピーしてお送りいただくか、大容量送信が可能なオンラインストレージ
ご利用いただきお送りいただくのがよろしいと思います。
動画サイトの場合は、その動画のURLをお教えいただければ作業は可能です。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.