ボイスレコーダーのテープ起こし

テープ起こしをご発注され、お客さまより音声データをお送りいただく場合、
その方法はいくつかあります。

一番ポピュラーなのは、MP3やWMPなど音声ファイル形式のデータを
オンラインストレージ経由でお送りいただくケースです。
これはデータのやり取りがとれもスピーディーに行えるので
お客さまにも、われわれ作業をする側にも大変便利な方法です。

他には、お客さまにCD-RやUSBメモリにデータをコピーしていただき
宅配便やご郵送していただくケースもあります。
数は少なくなりましたが、MDやカセットテープをお送りいただき
ご依頼されるお客さまもいらっしゃいます。

お客さまからいただくお問い合わせの中に、ボイスレコーダー、
ICレコーダー本体を送るので、作業できますか?というご質問を
いただくことがあります。
結論から申しますと、これはお受けできかねます。
理由として、オリジナル音源(コピーでない元の音源)の場合、
輸送中やこちらでの機器操作により万が一データの消失や機器の破損、
紛失等の事故が起きた場合、会社として責任を負いかねるからです。

録音されたデータは、どのような内容であれ、二度と同じように 再現できないその場限りのものです。

現状、ボイスレコーダーから音声ファイルの作成がどうしてもできないので
レコーダー本体を送りたいというお客さまの場合、上記の内容をご説明して
ご了承いただいた上でレコーダー本体を送ってもらうというご対応になります。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.