テープ起こしをサマリーする

テープ起こしはいくつか起こし方があるのですが、その中でもっとも 受注件数が多い起こし方は「ケバ取り」コースです。
逆に一番ご依頼が少ない起こし方は何かご存じですか?
答えは「サマリー、要約」コースです。

テープ起こし業界では、例えて言うなら「ケバ取り」はメジャーで 「サマリー、要約」はマイナーです。

それではなぜ「サマリー、要約」コースのご依頼が少ないのでしょうか?
あまり需要がないからでしょ?と言われてしまうと、それまでなんですが、 用途が限定されてしまうのも要因の一つではないかと思います。

サマリーを簡単にご説明しますと、テープ起こしした原稿をお客さまの ご希望の文字数におまとめし、小見出しを付けたり、チャプター分けしながら 起こすという起こし方です。
したがって、音声の内容をすべて把握したいというお客さまには不向きです。

最適と思われる用途としては、ご講演や講義など、一人の話者様がずっと お話しをされるという録音です。
逆に会議体等の複数のスピーカーが、短くご発言されるという録音には適していません。

サマリーの納品原稿は、おまとめした原稿のみとなりますので、全体のテープ起こし 原稿がご必要な場合は、別途料金をいただき納品いたします。

話しの内容をただまとめるだけなら、簡単じゃないの?と思われる方も いらっしゃると思いますが、これがなかなか難しいのです。
こちらが重要だと思い、残したセンテンスも、クライアントさまから見ると 不要なものだったりする場合もあります。

長時間の録音を指定された文字数まで減らすという作業もかなり神経を使う作業です。

資料やサンプルがある場合は、差し支えない範囲でお見せいただきます。
そのため、ACNではサマリーをご希望されるクライアントさまにはお客さまに対し 十分ご納得いただける原稿をお届けできるよう、事前にご希望を具体的に お聞きしてから作業を行っております。

>>テープ起こしACN記事一覧に戻る


Copyright (C) 2016 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.